札幌での日ハム3連戦の初戦は0-1での敗戦。

 

再開相手にエース千賀を立てて1失点なのに勝てないのは痛すぎますね。

 

失点するまでは…いや、試合を通して今季1番と言ってもよよかったのではないかというくらい調子はよかったと思います。

 

ボークで進塁を許したり、打率割台の万波を追い込んでいながらタイムリーを許した1球

 

9回先頭バッターの牧原のいい当たりが好捕されたり、その次の柳田の打球はフェンスをこえずに2ベースだったり…

 

今の日ハムが千賀に勝つ為の条件を全て満たしたような試合でした。

 

数少ないチャンスは1アウトで得点圏という場面が2回ありましたが4番5番が何もできなかったのも痛すぎました。

 

正直、9回の牧原の当たりが捕られた時点で終わったと思っていましたがその後に柳田がフェン直の2ベース。

 

いやもうスタンド入れよと思いましたしさっきの牧原出塁してれば絶対1点取れてたという思いでいっぱいに…

 

でもまだチャンスだし…

 

あっ…グラシアルか…代打だせばワンチャンありそうだけどだすわけ…

 

やっぱりありませんでした。

 

正直代打中谷を見たかったです。

 

試合前の段階で得点圏打率は2割をきっていたのでもしかしたら代打もあるのでは…?と期待していましたが開幕から4番を任せているバッターにさすがにそれはできなかったようですね。

 

序盤の展開で1点勝負になるのは見えていただけにあの失点の仕方はもったいなかったですね。

 

伊藤も調子はよかったですが打線も調子はよかったのでなんとかしてくれるのでは…?と期待しながら見てましたがまぁ淡泊で特に何も作戦はなかったのかなという印象でした。

 

山本由伸の時みたいにもう少し粘って球数を投げさせてリリーフを引きずり出せればよかったんですけどね…

 

粘る事もできないくらい伊藤がよかったということでしょう。

 

三森と柳町もヒットが出なくなってきましたし打線好調の時期はひと段落したと見てもよさそうです。

 

甲斐や今宮は好調をキープしているようなのでそうまく打順を組まないと連勝中のようには点が入らないかも。

 

打線は水物とよく言いますが先発投手陣の安定感はかなりあると思うのでやることは今まで同じでチャンスで確実に点を取りにいくこと。

 

連勝中は打線の調子がよかったので打順をいじりたくなかったのでしょうがグラシアル4番がブレーキになりつつある現実を重くみなければいけない時期にきたのかなという気がします。

 

連勝は止まってしまいましたが楽天もここにきて連敗してるのが救い。

 

再開相手に連敗は許されません。

 

先発は前回完封の大関。

 

前と同じようなピッチングができれば怖い相手ではないと思います。

 

球場も広いので球質の重い大関には持ち味を活かしやすい相手かと思います。

 

先発で勝てるのはロッテだけではないってところを見せてほしいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ