中日との3連戦の2戦目は2-4で敗戦。

 

大関が6回を1失点と好投するも2番手の津森が逆転を許してしまい敗戦。

 

先制を許しながらもその後は尻上がりによくなって中日打線を寄せ付けませんでした。

 

ランナーが出ると少し制球が乱れていた高橋の隙をついて2イニングかけて逆転しました。

 

特に5回の周東三塁打からの渡邊のフェン直での2塁打でのタイムリーはしびれましたね。

 

雲行きが怪しくなったのは6回の攻撃。

 

先頭バッターの柳田がヒットで出塁し追加点の期待が膨らむ中でグラシアルがど真ん中のストレートを見逃し三振で飛び出した柳田が走塁死。

 

中軸がこんな攻撃をしていてはチームの士気も試合の流れも相手に渡しているようなもの。

 

7回の攻撃で2アウト2塁のチャンスでここまで好投していた大関に代打・明石。

 

好投していた大関を代えてまでこのチャンスに賭けたのにここでも無得点。

 

明石のバッティング自体は決して悪くなくヒット性の当たりではありましたが外野が前進守備していたことで阻まれてしまいました。

 

こうなると正直7回は嫌な予感しかしませんね。

 

正直津森の出来は最悪でコントロールがバラバラで甲斐もリードの仕様がなかったのではないでしょうか。

 

決まる変化球もないのでストレート一辺倒で粘られ高橋周平に打たれた時点でかなりアップアップしていました。

 

ここで中日は三ツ俣に代打溝脇。

 

まだこの場面では勝ってはいたのでこの試合を勝ちにいくなら投手交代すべきでしたね。

 

球がきてるとか抑える気迫があるとかそいういったものが見えていればそこにかけて続投させ抑えることで更に自信に繋がるとも言えますがこの日の津森にはそういったものが見えなかったので代えてあげてほしかったです。

 

結果的に溝脇には逆転タイムリー、続く福留は四球といいとこなく降板となってしまいました。

 

これではただ自信をなくさせるだけでしたね…

 

敗因は6回の3番4番での攻撃と大関を続投させないという判断、津森の交代のタイミングが全て重なったことでしょうか。

 

正直勝てる試合だっただけに惜しいですが終わったものは仕方がありません。

 

5日の予告先発はホークスは杉山、中日は柳です。

 

去年全く打てなかった柳が相手なのでカード勝ち越しをしてから迎えたかった試合ですが杉山がゲームを壊さない事と柳が絶好調でないことを祈るしかありませんね。

 

交流戦優勝を僅差で逃したらこの試合を落としたことが原因になる、そんな1戦でした。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ