コロナ禍のなか行われた短縮シーズンでしたが今年も先発完投型の投手を表彰する沢村賞の選考委員会が行われ受賞者が決定しました。

2020年沢村賞受賞者は

中日の大野雄大投手が初受賞となりました。

 

成績は20試合 11勝6敗 勝率.647 防御率1.82 投球回148回2/3 奪三振148 完投10 完封6

 

沢村賞の選考基準は

25試合登板

完投10

15勝以上

勝率6割以上

奪三振150以上

防御率2.50以下

(沢村賞QS 7回 自責点3以下)

となっています。

 

短縮日程なので基準を満たすのはかなり困難なのですが大野は10完投を見事にクリアしてみせました。

 

フル日程でも10完投を記録するのは難しいはずなのですが…

 

20試合登板で半分を完投するのは並大抵のことではないです。

 

しかも分業制の確立した現代野球でですよ。

 

完投したうち10回の内6回が完封とは恐れ入りました。

 

45イニング無失点というのもありましたし圧巻のピッチングが年間を通して続いていたという印象です。

 

防御率も先発としては驚異の1点台ですしなぜ11勝しかできてないのかがちょっと不思議でもありますね。

 

大野は最優秀防御率と最多奪三振の二冠でこの完投数なので納得の受賞です。

 

菅野も沢村賞に匹敵する成績でしたが先発完投型の投手を評価するこの賞では大野に及びませんでしたね。

 

成績は20試合 14勝2敗 勝率.875 防御率1.97 投球回137回1/3 奪三振131 完投3 完封3

 

菅野も開幕13連勝もしましたしすごい成績なんですけどね。

 

大野がいなければ菅野だったのではないかなという気がします。

 

若しくは2敗がなく無敗だったら…

 

それでも10完投の大野がこの賞にはふさわしいという気がします。

 

パ・リーグの投手三冠を達成した千賀も候補にはなったかもしれませんが完投が1だったので実質的には大野か菅野の一騎打ちだったのではないかと思われます。

 

千賀も開幕から絶好調だったら受賞争いに食い込めるだけの成績を残せたかもしれませんね。

 

まだ若いので来年以降に期待です。

今年の沢村賞にまつわる小話

中日選手の沢村賞受賞は2004年の川上憲伸以来16年ぶり。

※過去の中日選手の受賞者は杉下茂、権藤博、小川健太郎、星野仙一、小松辰雄、今中慎二、山本昌広、川上憲伸の8人で大野で9人目となった。

 

去年は沢村賞の該当者なしで17年-18年は菅野が2年連続受賞していましたが5人目の3度目の受賞を逃しました。

※沢村賞3度受賞は杉下茂、金田正一、村山実、斎藤雅樹の4人

 

15年-16年も前田健太-ジョンソンと広島だったので5回連続でセ・リーグの投手が受賞することになりました。

 

沢村賞の受賞資格のある投手で投手三冠を達成したのは11人で沢村賞を受賞したのは10人。

 

これまで投手三冠で受賞を逃したのは81年の江川卓のみ(受賞したのは西本聖)でしたが千賀がで2人目となりました。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

インターネットでのスポーツ中継を体験してみたいならまずはDAZN

詳しくは下記の記事で。お得にサービスを受ける方法も紹介しています。

スポーツをネット中継で見てみたいって人はまずDAZN(ダゾーン)