阪神との3連戦の最終戦は4-0で勝利となりカード勝ち越しと交流戦優勝の可能性を残しました。

 

初回からチャンスを作り中村の併殺打の間に1点と前日と同じ形で先制で先制したのにまた同じパターン?というちょっと嫌な感じで始まりましたがレイがテンポよく抑えていき流れを掴みました。

レイの好投

前半のピンチは4回の先頭バッター出塁からの盗塁でノーアウトランナー2塁となってからの2者連続のピッチャー返しをしっかり捕球してランナーを進ませずにアウトカウントを稼げた事で阪神の攻撃の流れが一気に悪くなりましたね。

 

中盤まではランナーを出しながらも危なげなく球数も少な目に投げていき7回と8回は三者凡退となったことで9回も志願の続投で最後にピンチを迎えるもしっかりと抑えきり今季初完封。

 

見事と言わざるを得ないナイスピッチングでした。

 

交流戦優勝をかけた3連戦を前にリリーフを温存できたのもでかいですし、なによりも開幕から不調でリリーフ調整までしたレイが完封できるまでに状態を上げてくれた事が嬉しいかったです。

 

特別調子がよかったという訳ではなかったかと思いますがそれでもこれだけ投げられるというのはこれからも計算しやすいですね。

 

後半戦も頼りにしています。

4番デスパ大当たり

打線は1戦目と2戦目に比べるといい攻撃ができたと思います。

 

今季初めて4番からグラシアルを外して4番には好調のデスパイネを据えました。

 

グラシアルは6番となりましたがこれがうまくはまりグラシアルは2回にタイムリー。

 

デスパイネは5回に今季2号となる特大のソロアーチとそろい踏み。

 

ようやく長打を期待できる4番がきたなという感じです。

 

グラシアルは4番としてはもの足りない数字でしたが逆に6番だと怖い存在になれそうです。

 

気楽に打てて長打がもっと増えればいいことづくめとなりそうですがそこまでうまくいくかは分かりませんね。

 

三森はスタメンは外れませんでしたが打順が8番となったところで2安打。

 

追加点にも貢献できました。

 

状態がよくなったとは言い難いですがとりあえず結果はでたのでなにかきっかけになってほしいところですが事態は深刻な気もします。

 

交流戦後の休暇で修正できるといいのですが…

 

それ以上にやばそうなのが柳田と中村のクリーンナップコンビ。

 

特に柳田はレギュラーになってこんなにスランプだった事あるのかってくらい打てないですね。

 

全然ヒットがでない訳ではないのですが柳田らしい鋭い当たりをほとんど見ていない気がします。

 

監督は使いながら状態を上げてもらうと言っていますがただ使うだけではもうどうしようもないところまできているような…

 

急にすべてが上手くカチッとはまることもあるかもしれまえせんがこんだけ長いスランプとなると心配になってしまいますね。

6月10日の予告先発

10日からはヤクルトとの交流戦優勝をかけた3連戦となります。

 

ホークスは千賀、大関、恐らく和田と言ったローテが予想されますがここまで絶好調のヤクルト相手にカード勝ち越しがまずできるのか…

 

できなければヤクルトが優勝。

 

逆転優勝には最低でも2勝が必要です。

 

先陣をきるのはエースの千賀。

 

相手は小川とノーヒッター同士の対決です。

 

勝った方が間違いなく勢いにのるので絶対に勝ちたい1戦ですね。

 

阪神の佐藤・大山の並びも怖かったですがヤクルトの山田・村上の並びも怖すぎる…

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ