ソフトバンク 3-2 ロッテ

連敗で借金2となってしまったホークス。開始直後に雨で20分以上の中断があるも恵の雨となったのか連敗をストップさせた。

先発には5月25日以来のマウンドの東浜巨。右肩関節機能不全からの復帰となった。

初回は3者凡退と上々の立ち上がりを見せるも2回には井上晴哉と角中に2者連続ホームランを浴びてしまう。

3回には藤岡の打球が左足甲付近を直撃してしまい4回は投げ切ったがここまでとなってしまった。2者連続ホームランはいただけないがそれ以外は無失点とまぁまぁな出来だった。

4回の2つのフォアボールは課題ですが打球が直撃した後は明らかにおかしかったので大目にみてもいいでしょう。大きい怪我でなければいいですけどね。

打線の方は2者連続ホームランを浴びた直後の3回表にデスパイネが同点2ランを放ちすぐさま追いつくことに成功した。

5回からは急遽石川柊太がマウンドへ上がる。先発でも中継ぎでも思うようなピッチングができていなかったがここで快投を見せる。

5回から7回までの3イニングをパーフェクトピッチでロッテの攻撃をシャットアウトするピッチングを披露してみせた。

理想的なゲーム終盤の流れ

打線の方は7回に繋がりをみせる。柳田、デスパイネが凡退で早々と2アウトとなるも中村が四球で粘り、不調の内川がヒットで繋ぎ2アウトながらも1塁2塁とチャンスを作る。そして8月絶好調の熱男・松田が2ストライクと追い込まれながらもレフトへ運び勝ち越しタイムリーを放ち1点を勝ち越した。

8回には3イニングパーフェクトだった石川に代わり勝利の方程式加治屋がマウンドへ。先頭を打ち取るも中村奨吾にヒットを打たれる。続くバッターはこの日ホームランを放っている井上だったが加治屋は落ち着いて4-6-3のゲッツーに打ち取り結果的に3人で8回を締めた。

9回には守護神森がマウンドへ。自らのエラーで先頭バッターを出すも次の加藤を三振に仕留めスタートを切った代走の岡の盗塁も刺して三振ゲッツーとしピンチの芽をバッテリーで摘み取った。

鈴木大地もファーストゴロに打ち取りゲームセットとなり森は19セーブ目を挙げた。

勝ち投手は5回から7回をパーフェクトピッチングでゲームを作った石川が去年の8勝を上回る自己新の9勝目を挙げた。

4位だったロッテを直接下し借金1ながらも3位に浮上することに成功しました。

ロッテは先発の酒居が5回2失点とそこそこ試合を作ったものの打線の援護がなく敗戦投手となった。

この試合は投手陣の粘り勝ちでしたね。打線は10安打を放つも3点とちょっと奮いませんでした。

東浜がちょっと心配ですね。そこまで怪我はひどくはないと思いますが次の登板はどうなるのでしょうか…

被本塁打が多いのは今年の課題ですがこの試合でも打たれてましたね。長いイニングも投げられる投手なので武田があんなんなので戻ってきて欲しいところ。

今日の予告先発

台風の影響で開催されるか微妙なところですがホークスは大竹耕太郎、ロッテは有吉優樹です。

大竹は前回で強力な西武打線を相手に8回2失点と好投し育成初のプロ初登板初勝利を記録。同様のピッチングができるか期待ですね。

ロッテ先発の有吉はルーキーイヤーの昨年は53試合に登板し防御率2.87と好投し即戦力の実力を見せつけた。今季は途中から先発に転向し8試合先発している。7月11日に炎上し1度ローテを外されていますが先週からローテ復帰し勝ち負けはつかなかったものの7回1失点と好投している。

投手戦になるかもしれませんのでどちらが先制するかが大事になりそうです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村