よーやく先発が試合を作っての快勝でしたね。

 

 

どーも、おっしーです。

 

 

鷹の祭典の6連戦の最後をしっかり勝って締められたのはよかったと思います。終わってみれば6連戦は3勝3敗の五分なので決して悪くはないと思います。できれば勝ち越したいカードの並びではあったんですけどね。

 

 

それではこの試合を振り返ってみます。

打線の援護がミランダの好投を呼び込む

ミランダが6回を無失点とほぼ完ぺきな内容で試合を作り、打線が序盤から大量援護でミランダを楽に投げさせるという好循環ができました。

 

 

ここ数試合は点を取ったとしても試合終盤だったりと援護が遅すぎてその前に試合が決まってしまっているという展開が3連敗中の試合でしたがこの日は最初からがんがん攻めていけました。

 

 

連打にホームランにと最高の形で点を積み重ねてオリックス先発の竹安を3回途中で早々にKO。更に4回にも今宮のトドメの2ランでダメ押しと連敗中なのか嘘だったかのような猛打で試合を決定づけました。

 

 

序盤からの大量援護にミランダも応えて6回3安打無失点と今季1番のピッチングを披露。久々に先発がクオリティスタートをしてくれました。去年も夏場に活躍してくれたミランダが今年も夏の救世主になるかもしれませんね。

 

 

そんな期待を持たせるピッチングでした。

 

 

残りの3イニングは松田遼馬、甲斐野とつないで最後に田浦がモヤにタイムリー、ロメロに犠牲フライを打たれて2失点してしまいましたがこれも経験です。

 

 

田浦はまだ勝ちの継投で使うにはもう少し経験が必要でしょうか。いいものはもっているので大事に育てていきたいですね。

繋がり始めた打線、相手がエース格でもこの繋がりを大切に

この試合の打線は本当によく繋がっていました。どこからでもヒットが出てホームに返せる。そんな雰囲気をもった打線でしたね。

 

 

そして今まで通りに大きいのも打てる。この感じの打撃ができればそうそう負けないとは思うのですがこれを相手チームのエスが相手でもできるようにしなければいけません。

 

 

日ハムの有原だったりオリックスの山本由伸だったりその辺を今年は苦手にしたままです。

 

 

1位を争うチームなので相手チームは当然のようにエース級をぶつけてきます。その時に打線が先日の山本由伸と対戦した時のようでは困るんですよね。

 

 

確かにホームランで勢いをつけてというのも大事ですがそれだけで勝てるほど各球団のエースは甘くはありません。

 

 

何事もバランスです。その手段が有効なら突き通してもいいですが手づまりなら何か策を講じるのが首脳陣の役割です。

 

 

これからは相手チームのエースに勝てるかが今後の優勝争いを大きく左右しそうですね。

 

 

個人的には打線で1番大事なのは3番だと思っています。この試合でも3番に入った内川がいい仕事をしてくれていました。

 

 

本当は固定したい打順ですが今の状況だと3番に1番調子がいい選手を置いていく形になりそうですね。

 

 

この日は内川がかなりよかったので大勝に繋がりましたが今年の内川がこのまま打てるかは不透明です。このまま調子を上げてくれるならこのまま3番でももちろんいいのですが…

 

 

3番を誰にしているのかはこれからも注目していきたいですね。

7月30日の予告先発

ホークスは高橋礼、西武は今井達也です。

 

 

高橋は今季西武戦には4戦4勝防御率2.25と最も得意にしている相手です。疲れが少し見えますし、西武は油断すると打ち込まれる打線です。得意だからと油断せずにまずは試合をきっちり作って欲しいですね。

 

 

西武の今井は今季5勝8敗と首脳陣の期待にはそこまで応えられていませんがなんとかローテは守っています。

 

 

去年はホークス戦は得意にしていましたが今季は2試合に投げて1勝1敗防御率7.84と打ち込まれています。

 

 

ここ2試合も4失点と打ち込まれる場面が多くなっているのでつけ入る隙はありそうです。

 

 

一発だけに頼ることなく色んな攻撃で今井を攻略していきたいですね。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

インターネットでのスポーツ中継を体験してみたいならまずはDAZN

詳しくは下記の記事で。お得にサービスを受ける方法も紹介しています。

スポーツをネット中継で見てみたいって人はまずDAZN(ダゾーン)