ソフトバンク 10―10 ロッテ

大阪での鷹の祭典の初戦は延長戦の末に引き分けに終わった。

ホークスは初回からデスパイネの2ランで幸先よく先制。2回表には連打から福浦に犠牲フライを打たれ1点を返される。3回裏には石川から代わった西野から柳田がソロホームラン、内川がヒットで出塁しバッテリーエラーで2塁へ、そこから中村晃がライトへのタイムリーを放ち4-1と点差を広げていく。

だが千賀がピリッとしない。続く4回表に先頭の井上に2ベースを許し角中が進塁打を打ち伊志嶺にセンターへのタイムリーヒットを許す。その後に2者連続のフォアボールの後、鈴木の犠牲フライであっという間に4-3と1点差にまで詰め寄られてしまう。

直後の4回裏には上林が特大のソロホームランを放ち5-3とリードを広げる。ここまでは常にリードし詰め寄られても突き放すという戦いができていました。

悪夢の継投の始まり

結局千賀は5回3失点とゲームを作りはしたがエースというには物足りない内容で降板してしまいました。フォアボールを5つもだしたらそら5回で112球も投げますわな…中継ぎが苦しい中なので1イニングでも長く投げてほしかったですが怪我の事とか考えると無理は絶対にさせれないので仕方ないです。

6回から継投に入ったのですがここからが大誤算。モイネロが1アウトも取れずに2点を失う、続いて二保がマウンドに上がったが相手の送りバントで取った1アウトしかとれずロッテに逆転を許す。

二保に代わりワンポイントで嘉弥真が角中に対しピッチャーゴロに抑えたがその間に1点を追加されてしまう。

嘉弥真の後には五十嵐が登板。満塁のピンチを招くも追加点を許さず長い長い6回表のロッテの攻撃は終わった。この回だけで4人の中継ぎを費やし結果4点を奪われ2点差つけられるという結果になってしまった。

今年のホークスの象徴するような継投でしたね。去年までならこういった継投で勝てたのですが今年はもう中継ぎはボロボロなのでこうなります。

勝っている場面でしたのでここが勝負どころとみてピッチャーをつぎ込むのはいいのですがもうちょっとどうにかならなかったのか…まぁ出した投手がまともにアウトもとれないんじゃどうしようもないとは思いますが…

打撃陣の踏ん張り

勝てる試合を中継ぎで壊したのでもうこれは無理かなという雰囲気の中で打線が奮起します。

7回に上林がヒットで出塁の後に牧原が同点の2ランホームラン。起死回生の一発で追いつきました。この後9回まで決着はつかず延長戦に突入しました。

中継ぎの方は五十嵐の後に岡本、森と2イニングずつを投げ無失点に切り抜けるなど踏ん張っていましたが11回に加治屋が捕まってしまい2点を失ってしまう。

絶体絶命の11回裏の攻撃。松田の2ベースヒットと代打長谷川のフォアボール、相手のバッテリーエラーで1塁3塁となったところに今宮が走者一掃のタイムリー3ベースを放ち同点とする。チャンスが続いたが後続が続けずサヨナラとはならなかった。

12回表も加治屋が続投。もう任せられる投手がいなかったんでしょうね…(残っていたのは笠谷のみ)井上にソロホームランを浴びまたも勝ち越されてしまう。

万事休すかと思った12回裏、デスパイネが平沢のエラーで出塁し代走に川島。内川凡退の後に中村がヒットを放ち1アウト1塁3塁で松田がセカンドフライながらも川島の好走塁で犠牲フライとなり10-10の同点に追いつき引き分けに持ち込むことができた。

いやいや長い試合でしたね。勝てた試合だったけど負けなくてよかった…いやもうなんて言ったらいいのか…

とにかく疲れる試合でしたね。連敗中だったので負けるよりかはよかったと思うしかないですね。

今日はホークスはお休みです。選手もファンもゆっくり休んでくださいね。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村