4-4での引き分けでした。

 

でも勝ったのと同じくらい嬉しいおっしーです。

 

正直8回9回の平良-増田はホークスでなくとも打ち崩すのは難しい投手だったので勝ち越された時点で厳しいかなと思ってました。

中村の起死回生の一撃

デスパイネの四球からの中村の同点2ランは声がでましたね。

 

甘い球だったとは思うのですが一振りでしとめました。

 

敗色濃厚だったチームと回跨ぎで勝ち越しを許してしまった津森をも救う選手会長の一撃はさすがの一言。

 

完全復調になる一発だと思いたいですね。

松本は5回2失点でゲームメイクも課題

今季2度目の先発の松本は5回2失点でゲームを作ってくれたので先発としての最低限の仕事は果たしてくれました。

 

ただやっぱり先制直後に逆転を許すというのだけはいただけないですね。

 

今後先発として回っていきたいなら難しい立ち上がりでもなんとかしてほしかったと思います。

 

4回に良いピッチングだったので5回もいくことになったのかなという気がしますがその5回も3者凡退と2イニング3者凡退が続いたことで6回の同点に繋がったのかなと思います。

 

あそこで逆転までいかなかったのは打線が悪いのですが初回に逆転されて試合の序盤の主導権を握られたのは松本に責任があります。

 

今季初勝利は逃しましたが次も先発させたいかなと思える結果はだしたので次にも期待したいですね。

不穏な空気しか感じなかった津森の回跨ぎ

6回を3者凡退で終わらせた津森が7回もマウンドに上がった瞬間に嫌な予感のしたファンは多かったのではないでしょうか。

 

そしてそれがすぐに現実となり2点を勝ち越されていましました。

 

どういう訳で続投させたのかは分かりませんがこれは津森に同情しますね。

 

首脳陣の采配ミスだと思います。

 

登板数の多い泉や嘉弥真、左肘の脹れから復帰したばかりの森を休ませる為かと思ったら結局みんな出てきましたし何がしたかったのかよく分からない感じになってしまいました。

 

ここまで快刀乱麻でしたがここから崩れずに仕切り直すことができれば一軍定着も見えてきそうです。

 

ここが踏ん張りどころなので津森には頑張ってほしいですね。

ギータの復調今度は本物?

まずは守備から魅せました。

 

ライナー性の当たりを捕球してタッチアップしてくるランナーを刺すファインプレー。

 

簡単な態勢ではなかったと思うのですがそこからいい送球で甲斐もうまくタッチしましたね。

 

この1点を入れさせなかった事が後々に響いてくるとはこの時には思いもしなかったですがなんにせよビッグプレーです。

らしくない打撃が続いてましたが今季初の猛打賞に盗塁とギータが温まってきましたね。

 

次の楽天との首位攻防戦に向けて晃とギータが調子を上げてくれるなら頼もしいかぎりです。

 

去年は全く打てなかった平良からも打てましたし今後の好材料です。

 

ギータはここまで打率が低かったからヒットを欲しがってる感じはちょっとしてましたが固め打ちしたことでようやく落ち着くことになりそうです。

 

改めてギータって走攻守揃ってるスーパープレイヤーなんだなということを再確認できる試合でした。

4月20日の予告先発

ホークスは笠谷俊介、楽天は岸孝之です。

 

笠谷は試合は壊していませんがなんとなくピリッとしないピッチングが2試合続いています。

 

球数が多くて常にランナーを出すので守りからリズムを作れていませんね。

 

勝ちも当然ですが内容も問われる先発のマウンドになりそうです。

 

相手先発は岸で今年は安定感抜群です。

 

少ないチャンスをしっかりものにしないと勝つのは難しそうです。

 

笠谷が試合をつくれるかも重要ですし解凍されてきた晃やギータ、好調の栗原、グラシアル、松田がどれだけ繋げることができるかがこのカードの鍵になりそうです。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ