8-8で引き分けでした。

 

いやもうなんていうか感情の起伏がはげしすぎる1戦でした。

4回までパーフェクトだった和田

登録抹消前の登板ということで気合いも入っていた和田が4回までは開幕時のようなピッチング。

 

5回か6回どころか7回か8回までいけるんじゃないかと思わせる内容でしたが5回に突如崩れてしまいました。

 

安田-角中と連打からのレアードに同点3ランで一振りで振り出しにされてしまいました。

 

日ハム時代からレアードには打たれすぎでしょ…

 

いい加減学習してくれませんかね。

 

同点を許して明らかに和田はショックを受けている様子でしたね。

 

ですがここで交代はちょっと早いというのは分かります。

 

藤岡にヒットを打たれるもなんとか2アウトまでこぎつけましたが荻野に勝ち越しタイムリー。

 

ここで交代させるかちょっと悩むところですが続投。

 

マーティンにもタイムリーを浴びここで交代かなと思いましたがさすがに交代だろうと思ったら続投で中村奨吾にさらに追加点となるタイムリーを浴びて3点差となったところでようやく交代となりました。

 

うーん、松本の時はすぱっと諦めたのに和田は続投で傷口を広げてしまいましたね。

 

遅くてもマーティンのタイムリーの後には代えて欲しかったかなと思います。

 

早く見切りをつけるなら藤岡がランナーにでた時点で交代もありだったのかと思いましたね。

 

1点でも多く防いでいればというのは結果論なのですがファンの目線からみるとどうして3点差つけられるまで続投だったのかはよく分からない采配でした。

打線はよく打ったけど

こういう時には打線はよく打つんですよね。

 

先制して追加点とってこれから中押し点という前に逆転されてしまいましたが7回に甲斐の勝ち越し2ランまで出て残り2イニングだし勝ったと正直思いましたよ。

 

9回は牧原のエラーあg全てが狂ってしまいました。

 

先頭バッターをしっかりきるというのがいかに大事かは分かってるはずなんですけどね…

 

リズムが乱れたモイネロは四球と送りバントであっという間に1アウト2塁3塁の大ピンチとなりエチェバリアにタイムリー、荻野に同点の犠牲フライを許しセーブに失敗となってしまいました。

 

レアードもそうですが荻野にも去年からいいようにやられている気がしますね。

 

苦手な選手が投手にも野手にも多すぎるのがロッテに苦戦している要因でしょうね。

 

打線自体は不調だった周東も出塁と盗塁が増えて柳田にもらしい一発が見れて好材料なのですが、打線が打つと投手が多く失点し、投手が良い時は打線が打たないというちぐはぐさで勝ちを逃しているのが多くこれがカード勝ち越しできない要因でしょう。

 

なんにせよ勝てた試合を引き分けにされたというのはショックがでかいです。

 

交流戦まであと少しですが貯金をもったまま突入できるかも怪しくなってましたね。

 

カード負け越しが続けば貯金も減ってくるのでまずは5割キープを目標に前半戦を凌ぐ戦いをしなければいけません。

5月14日の予告先発

ホークスは石川柊太、日ハムは伊藤大海です。

 

好投するも勝ちのなかなかつかない開幕投手が2勝目をかけて日ハム戦での今季初先発です。

 

ホークスの先発陣で3勝をしている投手がいないんですよね…

 

なので勝てばチーム最多勝です。

 

悲しい…

 

負の連鎖にはまっているチームを引っ張っていってほしいと思います。

 

日ハムの先発は伊藤とルーキーながらも好投を続けていましたが4月28日のホークス戦以来の登板となります。

 

過去2戦で防御率1.38とホークスを得意にしており唯一の勝利もホークスからです。

 

新たな天敵となる前に復調気配のホークス打線がプロの洗礼を浴びせて石川に勝ちをつけてあげてほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ