どーも、おっしです

いやー完敗でしたね

もう逆転はさすがにないと思います

せめて目の前での胴上げを阻止するくらいですかね

ただもう西武の勢いを止めるのは無理な感じもしますね

ここからは主力はなるべく温存してCSに目を向けていきたいです

特に中継ぎを休ませるなどしていかないといけないと思います

全く投げ差ないとかはあれですけど今までのような使い方はしないように調整させる感じで投げさせたいですね

とりあえず振り返りますか

ソフトバンク 5-7 西武

勝ちはマーティンで2勝目

セーブはヒースで12セーブ目

負けは加治屋で2敗目

ホームランは中村晃14号

西武は森16号、山川45号、秋山23号

球には勢いがあったものの勢いだけだったバンデンハーク

試合を見ててバンデンハークはかなり球が走ってはいましたが制球がいまいちで

絶好調の西武打線には通じないって感じが早い段階でしてましたね

振れている西武打線にビビって四球連発して森に先制の3ランホームラン

ヒット1本で3点もらえるんだから安いもんですよね

正直今の西武打線を止められるピッチャーっているのかってくらい穴がないので崩れ始めるとあっというまにピッチャーはボロボロにされます

3ランの後もフォアボールとヒットと許したのによく抑えたなとは思います

3回、4回と無失点で切り抜けましたが5回には山川に一発を浴びてしまいました

点を取り返したあとだっただけにホームランは打たれて欲しくなかったですね

その後は栗山にヒットを打たれましたが中村剛也をゲッツーとちょっとだけ流れを引き戻せたのはよかったですね

5回 106球 被安打5 4奪三振 四死球5 4失点

試合をぶち壊さなかっただけマシかなという内容でしたね

フォアボール5個はさすがに多すぎます

確かに投げにくいとは思いますがこれではねぇ…

それだけ西武打線が強力で無意識に勝負を避けてしまうんでしょうね

リリーフも3個フォアボールを出しているので今日だけで8個もフォアボールだしてるんですよ…

ヒット8本あげてるようなもんですからね

戦略的なフォアボールならいいですけどこれはそうではないですからね

CSまでにどうにかしないと一方的にやられるだけで終わってしまいかねません

残りの西武戦で光明をみつけておきたいですが今の首脳陣にはなぜか期待できない…ってのが素直な感想です

初回から暗雲立ち込めすぎた牧原の途中交代

初回で上林がヒットで出塁すると送りバント失敗でランナーが入れ替わったところから暗雲でしたね

盗塁とグラシアルのヒットで3塁ランナーとなった牧原は柳田の投手ゴロで三本間に挟まれタッチプレーの際に負傷してしまいました

どっちが悪いとか特にないと思いますが牧原が無理に避けようとした結果こうなったって感じですね

あ~勿体ない

次の守備から牧原は交代となりましたがこれも一つのキーポイントとなったかもしれません

結局、牧原を失った挙句、満塁にまでしたにも関わらず1点もとれずに初回の攻撃は終わってしまいます

とっても今年のホークスらしいですね

優勝できるチームはこういう攻撃じゃないんですよね…

ホークスの反撃は4回の中村晃のホームランからでした

ですがここも直前でデスパイネがゲッツーになってるんですよね

もう、何やってんだって感じの攻撃な訳ですよ

点が入らないよりは100倍マシなんですけどこうなんかかみ合わないんですよね

5回は少ない安打で点をとる理想的な攻撃

2アウトから上林が2ベース

そして明石がタイムリーと2連打で1点をとるいい攻撃を見せると

6回に最大の見せ場がやってきました

中村がヒットで出てピッチャーが変わると代わった平井は雰囲気に飲まれたのか2者連続でフォアボール

高田は打ち取られたと思ったあたりが山川のエラーで満塁とすると甲斐が値千金のタイムリー2ベースで走者一掃し一気に逆転!

一気にいけるなという感じでしたがここで畳みかけられず1点勝ち越しのみでここの攻撃が終わってしまいました

たった1点差とか西武打線の前にはないも同然ですね

ここで一気に畳みかけられなかったそれが最大の敗因だと思います

石川は粘るも8回にリリーフ陣が捕まる

バンデンハークの後をうけた石川は6回7回と無失点で切り抜けリードを保ちましたが8回の加治屋がつかまります

捕まったって感じもそこまでしないんですけどね

中村剛也、森と怖いバッターを打ち取るもメヒアをフォアボールで歩かせてからが狂いましたね

金子の打球はボテボテのショートゴロでしたが高田が必死にダッシュして2塁に送球

ところがセカンド明石は送球がくると思ってなかったのかセカンドベースから離れたところにいて1塁走者は生き残り内野安打に

こういうところですよ

ばりばりの本職の牧原がやっていれば…と思ってしまう場面でした

映像みた感じは明石がセカンドに入っていれば恐らくアウトだったと思います

高田はあの体制からはファーストへの送球はむりと判断してセカンドに投げるというかなりいい守備を見せてくれたのですが相方が悪かったですね

牧原だったらなぁ…と思わざるをえない場面でした

まぁたらればなんで分かりませんよ?

牧原でも同じプレーになった可能性もありますし

ただ守備は明らかに牧原が上手いですからね

そう思ってしまうのも許してほしいなと思います

このプレーの後に加治屋は降板し火消しの嘉弥真が登板しましたが

もうこうなってはいくら嘉弥真でも抑えるのは無理でしたね

今まで何度も窮地を救ってもらいましたからね

諦めもつきます

まぁ甘い球ではあったんですけどね

それを見逃さずに打つ秋山がすごいんですよ

ホークスにはそれができなかった

完全に自力の差がでましたよ

今年の西武はほんと強かった

完敗ですよ

むしろホークスはよくやりました

これだけ怪我人がでてここまで追い詰めたなと思います

もうシーズンを無理に勝ちにいくのはやめてCSに標準を合わせましょう

短期決戦はシーズンとは完全に別物です

去年の広島ですらそれに飲まれています

今年はホークスが飲み込んでやろうじゃありませんか

過去に何度やられました?

今度はホークスがやり返す番です

西武には過去にシーズン1位からひっくり返されてリーグ優勝もってかれてますからね

やり返すチャンスがきたんですよ

その為には準備が必要です

首脳陣は西武への対策を早急に練るべきです

負けっぱなしでいいはずがありません

最後に日本一になればいいんです

その為に何ができるか考えてほしいですね

敵地での2戦でなにかつかめるといいのですが…

9月28日の予告先発

ホークスは千賀滉大、西武は菊池雄星です

千賀が前回の西武戦のリベンジ登板になります

CSを見据えるとやはりきっちり抑えての勝利がみたいところですね

打たれる時と抑える時は極端なのではたしてどっちなのか…

なにか西武打線の弱点を千賀自身も見つけてほしいと思います

そもそも千賀クラスにもなれば好調なら抑えられるはずなんですけどね…

西武は菊池雄星が先発です

今回はローテずらしてきませんでしたね

西武としても菊池にホークスへの苦手意識を払しょくしてほしいとの思いがあるのでしょう

ホークス打線はぼんやり打つのじゃなくきっちり考えをもって打席に入って徹底的に弱点を分析して

CSで当たっても大丈夫なようなにしておきたいですね

さすがにペナントは絶望的になりましたがまだ日本一への道が絶たれたわけではありません

最後のワンアウトがコールされるまで応援していきましょう

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

シーズン最後までしっかり応援するならここ

【Rakutenパ・リーグSpecial】10月12日まで無料!