オリックスの金子が自由契約になり日ハムと交渉したりと毎日なんかしらプロ野球のニュースはありますね。

どーも、おっしーです。

金子は自由契約になれば欲しい球団はあるやろと思ってましたが日ハムがこんなに早く動くとは思ってませんでした。

年俸は抑えつつ出来高を多めに設定するというのは賢いやり方ですね。なんか金子は日ハムに決まりそうな気がします。

2桁勝とうものなら大成功ですからね。いい補強だと思います。

ホークスも西がとれないのなら狙ってもいいくらいの投手だとは思ったのですが、若返りもしたいチーム事情とは合わないとも言えますしベテランは和田もいますからね。

目先だけを考えた補強は基本しないチームなので動かなかったのかな。

と、勝手な分析をするのも楽しいのがこのストーブリーグの時期です。

徐々に来年の戦力が固まりつつありますがこの時期になると契約更改も多くなってきます。

やっとここでタイトルの話になるのですが今宮が背番号を2から6に変更することになりました。

来季でプロ10年目を迎える節目の年に長年強い思いをもっていた背番号に変更を決意したようです。

6と言えば遊撃手の守備番号で明豊時代から親しんできた番号で、今宮が師と仰ぐ鳥越コーチがホークスでの現役時代の背番号でもあるのでその背番号にしたかったのでしょうね。

6にはかなり縁があるようで入籍が16年6月6日ですし第2子の誕生日も6月6日だったりと今宮にとっては切っても切れない運命の番号だったのでしょう。

背番号6をつけていた吉村裕基が戦力外で退団となり空き番号になったことから番号変更の希望をしたのだと思います。

とは言え9年間つけてきた背番号2にも愛着がないわけではないでしょう。

ホークスファンには今宮=2のイメージが既にありますからね。

松田が背番号3になった時も最初は違和感ありましたし…

まぁ、慣れるんですけど

本人が気持ちよくプレーできるようにしてあげるのも大事かなと思います。

今年は悔しいシーズンだったと思いますし節目の10年目だし色々変えるなら今かなという気もしますね。

まだまだ老け込む年ではないですし打撃面では伸びしろはまだある選手だと思います。

球界最強のショートへ…

更なる進化をして欲しいですね!

背番号2が空くことになるのですが今宮は甲斐につけてほしいとのこと。

やはり背番号2はキャッチャーのイメージですよね。今宮の前は城島でしたし甲斐にはそういった期待もあると思います。

ただ、甲斐は以前から南海時代に野村克也がつけていた背番号19が欲しいと言っているんですよね。

ノムさんもつけてほしいと言っているようですし…

現在19はミランダがつけていますが果たしてどうなる?

この辺の背番号事情がどうなるかもファン的には面白い要素の一つですよね。

そういった部分にも注目しながら契約更改を見ていくのもプロ野球の楽しみ方だと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ