今日は初めてこの日本シリーズをゲーム開始からゲームセットまで見れました。

 

ホークスめちゃ強いですね。おっしーです。

 

ムーアは四球やエラーからの失点だけが怖いかなって思ってましたが圧巻のピッチングでしたね。

 

それをリードする甲斐も素晴らしいの一言でした。

 

ノーノーのまま7回を投げ切り8回モイネロ、9回森の完封リレーで圧勝でしたね。

 

森が最後にヒットを打たれたのはご愛敬ってことで。

 

あれだけ攻守が出た試合だったのでノーノーの流れだと思ったんですがね…

 

打線は4点と今日の投手陣の出来なら十分な援護だったのではないでしょうか?

 

むしろ今日のサンチェスからよく点がとれたなと思います。

 

勝負所での集中力と固い守備、いつもの走塁意識の高さとホークスが負ける要素を探す方が難しい試合でした。

初回の巨人の攻撃

振り返ってみるとここで無得点になったのがこの試合の流れを決定づけていたのかもしれませんね。

 

吉川のなんでもないショートゴロを牧原が悪送球でいきなりノーアウト2塁のピンチになってしまいます。

 

ですがここで2番の松原がバント失敗で2塁ランナーは挟まれアウトにランナーが入れ替わっての1アウト2塁とします。

 

初めて巨人が先制できるかもというムードにちょっと暗雲が立ち込めます。

 

3番の坂本が粘るも最後はチェンジアップにタイミングを合わせられず空振り三振で一気にムーアが楽になりました。

 

逆シリーズ男になりつつある4番岡本もショートゴロでこの日の最大のチャンスを逃してしまいました。

 

ここで1点でも先制していればまた違った試合展開になっていたでしょうね。

 

巨人はエラーでもらったチャンスを活かせなかったのはかなりでかかったです。

 

逆にいきなりのピンチを無失点でき切り抜けたムーアは勢いにのることになりこの7回ノーノーの流れができていきました。

ムーア7回無安打無失点

ストレートは走っていましたし変化球も決まっていて甲斐はリードはしやすかったのではないでしょうか。

 

面白いように変化球は決まっているように見えました。

 

四球は2個にエラーも2個で全くピンチを作らなかったわけではなかったですが6回の吉川・松原がセンターフライで捉えるまでは坂本・ウィーラー以外に打てる気配は全くなかったので安心して見てられました。

 

三振も5個と巨人打線を手玉にとっていましたね。

 

今日は勝てそうだなって思った瞬間は6回の坂本を空振り三振に打ち取った瞬間ですかね。

 

2度目のエラーでのチャンスを巨人が活かせなった時点でゲームの行方が決まった気がします。

 

それでもムーアも6回あたりからちょっと疲れが見えていましたが7回も続投し簡単に打ち取っていたのでノーノーだし続投なのかなと思っていたら8回からモイネロ、9回の森の盤石のリレーで逃げ切りました。

 

ムーアがきっちりすぎるほどゲームメイクをしてくれたので終始安心して見る事ができました。

甲斐の冴えわたるリード

9回2死までノーノーと投手陣を引っ張り続けた甲斐も素晴らしかったですね。

 

去年から巨人は甲斐の配球に翻弄されまくりで手も足もでないという試合が3試合続いてしまいました。

 

坂本、岡本、丸と巨人の主軸に仕事をさせていないのが3試合で3点という結果に結びついています。

 

6回の先頭打者をムーアのエラーで出した後に吉川、松原の当たりがよかったもののセンターフライで打ち取った後に坂本を迎えた所でのタイムもよかったですね。

 

いいタイミングでのタイムだったと思います。

 

甲斐の捕手としての成長が見えますね。

 

8回の乱れそうになったモイネロもうまくリードし持ち直させて結果的に3つのアウトは三振ととる好リードでした。

 

田中を三振にとったカーブを重信に初球で投げるのは完全に相手の裏をかいていて重信は混乱したようでした。

 

打撃でもバットを折りながらもヒットを打ったり犠打をしっかり決めたりとしてほしい役割はきっちりこなしてくれています。

 

一発もあるバッターが9番というのは相手にとっても脅威ですし捕手としてバッターとして苦しい1年だったでしょうが間違いなく成長したと思います。

 

頼りになりますね。

無得点もホークスの魅力たっぷりの6回の攻撃

中村の四球から始まった攻撃は柳田のヒットでノーアウト1塁3塁の大チャンス。

 

2回の中村の2ランからなかなかチャンスを作れずにいたホークスは絶対に欲しい中押し点のチャンスとなりました。

 

ここで0だと相手に流れが行きかねない攻撃になると思いながら見ていましたがグラシアルはショートゴロで中村は三本間に挟まれてしまいます。

 

ですがただでは終わらないのが中村という男。

 

うまく誘い出して時間を稼ぐと1アウト2塁3塁の状況を作り出しました。

 

細かいんですけど自然にこれができるのがホークスの強いところなんですよね。

 

栗原は歩かされデスパイネ三振で2アウトとなったところで牧原に代打長谷川で球場は盛り上がりました。

 

初球をフルスイングし鋭いヒット性の当たりもセカンド吉川のナイスキャッチと送球でアウトに…

 

長谷川はヘッドスライディングしアウトになったのを見ると地面を叩き悔しがりました。

 

クールな長谷川が見せた熱い一面に心打たれましたね。

 

結果だけを見ると大チャンスを逃して巨人に流れがいってもおかしくなかったのですが長谷川のあの姿に誰もがこのまま終われないと思ったのではないでしょうか?

 

それだけ長谷川がこの攻撃の重要性を分かっていたのだとも思います。

 

普段はあんなに感情を出す選手じゃないんでね。

 

数字に出ない印象的なプレーでした。

7回の攻防

6回はちょっと疲れてきたのかなと思われたムーアが上位打線を三者凡退で軽く打ち取ったことで巨人への流れは食い止められました。

 

ここからが強かったですね。

 

マッチヒット、甲斐送りバントと流れるような流れの中でサンチェスはここで降板、周東がデッドボールで出塁すると中村がきっちりとランナーを返すライト前ヒット。

 

松田がナイススタートを切っていたことで6回でとれなかった1点を取る事ができました。

 

柳田は三振でしたがグラシアルが技ありのタイムリーで4点目。

 

これでこのゲームは完全に決まりましたね。

 

6回で流れが変わってもおかしくはなかったのですがそれを許さなかったムーアと長谷川の気迫が乗り移ったかのような攻撃でした。

巨人の更新しそうな記録

巷では2005年のロッテ-阪神の4試合の通算成績33-4の再現があるのではないかと言われていますが今回もそれに近いスコアになりつつあります。

 

ここまで3試合で22-3とあと11-1で再現となるのですがそれ以上の数字になる可能性すらあります。

 

正直33-4になるかどうかは結果としてなれば面白いなと思っているだけでそれ以上にやばいのが巨人の安打数です。

 

3試合で10安打しか打ってないんですよね。

 

正直これでは勝てるはずがありません。

 

4試合で終わった場合の最小安打数は05年の阪神19年の巨人の22安打です。

 

明日12安打打たないと記録を更新してしまう計算です。

 

もしくは勝って5試合6試合と試合を続けなければ記録更新は確実な状況です。

 

チーム打率も4試合だと19年の.176が最低ですがこれの更新も見えてきてしまっています。

 

最少得点は4なので明日ももし完封でもされようもんならそれも更新してしまいます。

 

ノーノーじゃなくてよかった…とか言ってる場合じゃ本当にないんですよ。

 

ですが今日の試合が一番日本シリーズらしかったとも言える内容なのもまた事実。

 

中盤まではまだ分からないかなという雰囲気はありましたからね。

 

今までの試合内容を見て巨人が逆転できる要素は今の所全く見当たりませんが本当にこのまま終わってしまうのでしょうか?

 

野球ファンとしてはいい試合を見たいですね。

日本シリーズ第4戦の予告先発

ホークスは和田、巨人は畠です。

 

和田がルーキーイヤーの03年と昨年に続く3度目の日本シリーズ優勝投手を目指します。

 

リーグ優勝投手が2つ目の優勝投手を目指して約1カ月ぶりの先発です。

 

不安なのは登板間隔があきすぎている事くらいでしょうか。

 

前回登板は10月27日のロッテ戦でした。

 

6回無失点の完璧な内容でその後は登録を抹消され調整していました。

 

CSでも出番がなくここまで実戦での調整ができませんでしたがベテランですしうまいことやってくれるでしょう。

 

巨人の畠はまさしく背水の陣でちょっと荷が重いかもしれません。

 

ですが10月以降に4勝を挙げ11月1日にはヤクルト戦では完封するなど勢いはある投手です。

 

シリーズの流れをまるごとひっくり返すには畠がいいピッチングをするしかありません。

 

本当にこのまま終わるのか、巨人が一矢報いるのか全ては明日で決まります。
にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ

インターネットでのスポーツ中継を体験してみたいならまずはDAZN

詳しくは下記の記事で。お得にサービスを受ける方法も紹介しています。

スポーツをネット中継で見てみたいって人はまずDAZN(ダゾーン)