12-4で勝利。

 

和田が約3か月ぶりの5勝目。

 

リチャードがプロ初本塁打を満塁弾&ソロの2発、絶好調の牧原の2号2ランと花火大会でした。

 

和田が2回に若月の2ランで先制を許すもリチャードのプロ初打点となる犠牲フライで流れは完全に渡しませんでした。

 

ここからリチャードが大暴れ。

プロ初打点の次の打席は満塁のチャンス。

 

内角よりの真ん中の球をしっかりと捉えてスタンドまで放り込むグランドスラムでスタメン3試合目での初ホームランとなりました。

 

ホークス待望の右の大砲が遂に覚醒?

 

感情がかなり出るタイプのようですがこういう選手も必要ですよね。

 

こういう選手が打てばチームの雰囲気がかなり良くなります。

 

実際、打った後はベンチの雰囲気が去年のよかった頃のような感じになった気がします。

3打席目は三振の後の第4打席はコンパクトに振りぬき軽々とスタンドまで運んでみせました。

 

こんなに飛ばせるんですね…

 

12得点の内の半分の6打点を稼ぎ出す大活躍でした。

 

選球眼も悪くないなのでこれに技術が更に上乗せされればマジモンの化け物になりそうな予感…

 

というかそうなってもらわないと困りますね。

 

ここまで活躍したのに西武戦ではベンチなんてことはさすがにないでしょう。

 

苦手の高橋光成が火曜日は先発できそうですが今までの相性なんてリチャードなら関係ないはず。

 

右左関係なく調子のいい選手を使っていってほしいですね。

 

これだけ得点もとったのにも関わらず猛打賞は0なのでみんなが打ったということなのですがスタメンでは中村だけが無安打となってしまいました。

 

無安打ですがビッグイニングの4回に四球はあるので全く貢献してないってこともないですね。

 

当たり前のように試合にでてくれていますが自律神経系で離脱した過去もあるのでもうちょい休み休みでもいいのかもしれませんね。

 

選手会長もやりながらなので負担は相当かけているはず…

 

ここまではちょっと寂しい数字ではありますが好きな選手の1人なので活躍するところをもっと見たいです。

 

投手陣は先発が和田でそこからスチュワート→古谷の若手リレー。

 

スチュワートはマウンドに上がった6回から8回にかけて6連続奪三振と無双状態でした。

 

捕手が変わった8回は疲れたのか分かりませんが2失点。

 

これは勿体なかったですね。

 

投げ下ろすストレートと縦に割れて落ちるスライダーは決まると手がつけられないです。

 

先発で大成して欲しいですが全盛期のサファテ並みの絶望を与えるクローザーというのもなかなかロマンがありますね。

 

持ってる力は間違いなく一流なのでそれをどれだけ安定して出せるかが今後の飛躍の鍵でしょうか。

ストライクが入る古谷は最強です。

 

古谷もその実力の片鱗を見せてくれまたし若鷹の躍動が頼もしくベテランに危機感を与えチームが活性化するという好循環になってくれればと思います。

 

活躍した選手が多すぎるのでここまでしておきますが高谷がスタメンで試合にでられた事にちょっと驚きました。

 

いや、出られるならもっと出してあげて~。

 

甲斐の負担も減らしてあげて~

 

元気にプレーする高谷を見られたのも嬉しい1戦でした。

 

火曜日からは5位の西武との対決。

 

いい形で波にのれそうですがここでつまずくと奇跡の逆転優勝は本当になくなってしまいます。

 

対戦したオリックスは逆に首位陥落からの吉田正尚が登録抹消で優勝に逆風が吹いています。

 

風はわずかにですがこちらに吹いてきているのかもしれません。

 

とは言え今も崖っぷちであるのには変わりません。

 

去年の優勝チームの意地を9月に少しでも見せてほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ