ソフトバンクの飯田優也と阪神の松田遼馬のトレードが成立

26日にソフトバンク・阪神の両球団からトレードが発表された。ソフトバンクの飯田優也と阪神の松田遼馬の1対1のトレードとなった。両球団の中継ぎを補強という思惑が合致した形だ。

飯田は2012年の育成ドラフト3位で入団し2014年の5月に支配下登録された。プロ通算は97試合3勝6敗10ホールド防御率3.31 左投げ左打ち

支配化登録された2014年は先発も経験したが翌年からは中継ぎに転向した。キャリアハイは2015年か2016年か悩むところだが共に30以上登板に40イニング以上防御率は3点台前半だった。去年から登板機会がめっきり減り今季は1試合のみの登板となっていた。阪神は以前から獲得調査していたようです。

松田遼馬は2011年のドラフト5位で入団、今季は26試合で1勝2敗1ホールド防御率5.05となっている。プロ通算は111試合6勝6敗14ホールド防御率4.07 右投げ右打ち

去年は先発を任せれたこともあるがプロのキャリアのほとんどは中継ぎである。2014年以外は毎年20試合以上登板を記録している。2016年は22試合の登板ながら防御率1.00を記録するなど活躍した。

最速153キロ平均145キロのストレートが武器。変化球はスライダーと稀にカーブとフォークを投げる。強気で内角を攻めるピッチングには定評があるが制球力がまだ甘く球の勢いで抑えるピッチャーです。

両球団とも中継ぎに苦心しておりお互いの思惑が一致したトレードのようですね。飯田はなんで使ってないのかなと思っていたので登板機会が増えそうな球団にいけてよかったと思います。貴重な左腕なんですけどね…笠谷に切り替えたってことなんでしょうね。なんにしても必要とされて阪神にいくのですから頑張ってほしいですね。

松田はマッチと名字が被るのでお互い登録名どうするんですかね?まぁどうにでもなりますがちょっと気になりました。プロ6年目ですが高卒でまだ24歳と若いですね。長崎の波佐見高校出身ということで九州の選手がやってきてくれました。今は1人でも投げられる中継ぎが欲しいので期待してます。

ミランダが2軍戦で炎上…8月1日の先発プランは白紙

ウエスタンリーグの広島戦でミランダが2回7失点2被弾と散々な結果に終わった。

初回にエルドレッドに3ラン、2回にはメヒアに満塁弾と3安打4四球で72球を2イニング抑えるのに要した。マウンドの違いや球の違いで対応が必要とのことですぐに1軍登板とはいかないようだ。東浜は次も2軍での先発が予定されており谷間となる8月1日は現在1軍にいる選手が先発する可能性もでてきた。

ミランダは不安だった一発病が日本でも発揮されたということですね。どちらも外国人に打たれているとは言え外国人には投げさせないとかいう采配はできないので困ったものです…

ほんとに救世主が現われないと投手がつぶれてしまいますね。ついに昨日モイネロが登録を抹消されました。ほんとにお疲れ様でしたと言いたいです。確かに成績は酷いものですがモイネロがいなかったら中継ぎ回ってませんからね。怪我しないようにしっかりケアしてまた戻ってきてください。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村