前日の千賀の完封の勢いに乗って連勝といきたいホークス。

先発は来日初登板初先発のミランダ。

2軍で好調だった勢いそのままに初登板で初勝利を狙った試合を振り返っていきます。

ソフトバンク 7-2 オリックス

前日の勢いそのままに初回からホークスが攻める。

上林がヒット、中村がデッドボールで出塁するとオリックスのバッテリーエラーで1アウト2塁3塁とチャンスを広げる。

ここで柳田がスリーボールから高めのボールをセンター前に運び2点タイムリーヒットを放ち4番の仕事をきっちりこなした。

ミランダは先頭バッターを出すも後続をしっかり打ち取る上々の立ち上がり。

ローチは初回以降は立ち直り4回裏までお互いに0が並んだが4回裏にゲームが動く。

中島がヒットで先頭バッターが出塁すると4番の吉田正尚にカウント3-1と悪くしたところに高めの甘いストレートをセンターにライナーでスタンドまで運ばれ同点となってしまう。

これで吉田は自身初となる20号到達となりもはやチームの顔になっていますね。大卒3年目ですが順調に成長していてプロ野球ファンとしては楽しみな存在の1人です。才能をさらに大きく開花させてほしいです。

繋がる打線、これが見たかった

ゲームが再び動くのは6回裏。

先頭上林がヒットで出塁、中村がラッキーな当たりの内野安打でノーアウト1塁2塁となり柳田を迎えたところでオリックスはローチを諦め山田修義をマウンドへ。

柳田はここでも4番の仕事を果たすライトへのタイムリーを放ち勝ち越しに成功する。

グラシアル・長谷川と昨日活躍したバッターが打ち取られ1点どまりかと思ったところで山田から比嘉に投手が交代。

松田はバットを振ることなくフォアボールとなり勝負所とみた工藤監督が甲斐に代打明石を送ったところでオリックスはまたも投手交代。

比嘉に代わり2年ぶりのNPB復帰の岩本がマウンドへ。

だがこれがオリックスにとって裏目にでる。

明石は押し出しのフォアボールを選び、今宮には2ストライクと追い込みながらライトへタイムリー、牧原には3-1とカウントを悪くしたところをレフトにタイムリーと右に左とタイムリーを打たれあっという間に3点を失い岩本はマウンドを降りることになった。

ホークスは2アウトから打線が粘り得点を重ねました。なかなか今季こういった攻撃ができなかったのでいい傾向ですね。

前日は悔しいスタメン落ちをした今宮がこうして打って結果を残すのもとても大事です。

今宮も成長が止まり気味な感じがあるのでもっと上を目指してほしいですね。

ミランダは無四球の好投

ビックイニング後の相手の攻撃は注意していきたいのですがミランダは安定感抜群のピッチングで2アウトをとりホームランを打たれた吉田正尚を迎えたところで投手交代。

火消しの嘉弥真がマウンドへ。

火はでてないですけどね…

嘉弥真は難なく吉田を打ち取り大事な点を取った直後の回を3者凡退で終わらせた。

ミランダは

5回3分の2,78球,被安打4,5奪三振,無四球,2失点と試合を作ってくれました。

球数にはかなり余裕があったので7回くらいまで余裕で行けそうだったんですけどね。

いい感じでマウンドを降ろしてあげたかったんですかね。次からはもうちょっと投げさせて欲しいと思います。

この後は中継ぎ陣がきっちりと0で抑え込み、盤石な試合運びで2連勝としミランダは来日初登板初先発初勝利を挙げた。

1番評価できるのはやはり無四球でかなり安定したピッチングができたことですかね。

これなら次も使ってみようと監督は思ったはずです。

ここにきて先発陣がかなり安定感のあるゲームを壊さないピッチングができてきているのでそれが勝利に直結していると思います。

1カ月ぶりの貯金3となりちょっと遅いですが8月攻勢の態勢が整ってきていると言えますね。

8月は大竹、松本、ミランダと今季初勝利を挙げた先発ピッチャーが3人も現れました。

この新戦力で夏場を戦い抜き少しでも上位を目指して戦っていってほしいと思います。

今日の予告先発

ホークスは大竹耕太郎、オリックスは松葉貴大です。

大竹は3度目の先発マウンドですね。

前回も6かい1失点とゲームは作りましたが勝ちは付かず…

今日もしっかりとゲームを作って打線の援護を呼び込んで2勝目を挙げていきたいところ。

相手先発の松葉は今季唯一の勝利が前回登板のソフトバンク戦のみですが本来はこの程度のピッチャーではないので注意していきたいですね。

打てない相手ではないと思うのでチャンスを活かし攻めていってほしいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村