ホークスからは新たに加治屋と森が選出

13年のドラフト1位がついに開花しオールスターの舞台へ…

加治屋は5年目での初選出ですね。なかなか出てこないな…とは思ってましたがやっと輝きだしました。成績は文句のつけようがないです。

13年のドラフトはホークスの当たり年で指名された全員が今季1軍で戦力として活躍しています(2位森3位岡本4位上林)。しかもその年の育成ドラフト1位が石川柊太という超当たり年。加治屋は1番出遅れましたが今季の活躍は目覚ましいものがあります。

森は投手事情が苦しいなかリリーフ陣を引っ張っています。今季は打ち込まれる場面も多いですがリーグ3位の16セーブを挙げています。

森は2回目の球宴出場で前回は2015年でファン投票で選出されたバリオスが怪我で辞退したために代役で出場して以来となる。今回は監督推薦での出場なので嬉しさも前回とは違うのではないでしょうかね。

これでホークスからはここまでで6人選出ということになりましたね。楽しみです。

監督推薦での出場が決定した選手

セ・リーグ

大瀬良大地(広島)
中崎翔太(広島)
岩貞祐太(阪神)
メッセンジャー(阪神)
東克樹(DeNA)
ガルシア(中日)
石山泰稚(ヤクルト)

会沢翼(広島)
中村悠平(ヤクルト)

田中広輔(広島)
糸原健斗(阪神)

平田良介(中日)
バレンティン(ヤクルト)

パ・リーグ

加治屋蓮(ソフトバンク)
森唯斗(ソフトバンク)
アルバース(オリックス)
山本由伸(オリックス)
上沢直之(日本ハム)
石川歩(ロッテ)
内竜也(ロッテ)
ボルシンガー(ロッテ)

外崎修汰(西武)
今江年晶(楽天)
中田翔(日本ハム)
中村奨吾(ロッテ)

荻野貴司(ロッテ)

ファン投票と選手間で選出0だったロッテから5人監督推薦で選出されていますね。メンバーを見ても妥当なところだとは思いますし、ライバルが強いところは投票で1位になるのは難しいということでしょうか。

今回発表された中でオールスター初選出となるのは大瀬良・メッセンジャー・東・ガルシア・糸原・加治屋・アルバース・山本由・上沢・内・ボルシンガー・外崎・中村奨吾・荻野となってまいます。

注目の若手たち

DeNAのルーキー左腕東克樹が堂々たる成績で監督推薦をものした。チームで唯一開幕から先発ローテを守り6勝4敗防御率2.79と先発陣を引っ張っている。プロでは小柄ながらもその実力は成績が示していますね。オールスターでどんなピッチングをするのか注目です。

オリックスの2年目山本由伸も19歳にして球宴への出場を決めた。31試合に登板し3勝1セーブ21ホールド防御率0.87と中継ぎとして大車輪の活躍をしています。多彩な変化球を武器にしています。オリックスでは10代でのオールスター選出は米田哲也62年ぶりだそうです。イチローも20歳が初出場だったとか。こうして若い力がでてくるのはプロ野球にとってはいいことですのでこのオールスターで何かを掴んでくれるといいですね。

今年は2013年以来のプラスワン投票が行われます。最後の1枠が今日から投票開始です。投票に参加してオールスターを盛り上げましょう。

ランキングに参加しています。よかったらクリックをお願いしますにほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村